読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Foreverly

メモ帳

severspec入門

Serverspec

Apache,PHP,MySQL,Nagiosをインストールして インストールされているかをテストしていきます。

ServerspecはRubyが必要なのでインストールをします。 こちらを参考にインストールしてみてください。

Rubyをインストールしたら、 Ruby用のgemというソフトウェアリポジトリからServerspecをインストールします。

# yum install rubygems
# gem install serverspec

インストール完了したら Serverspec用にディレクトリを作成し、テストをしてみます。

# mkdir ~/servertest
# cd servertest/
# serverspec-init
Select OS type:

  1) UN*X
  2) Windows

Select number: 1

Select a backend type:

  1) SSH
  2) Exec (local)

Select number: 1

Vagrant instance y/n: n
Input target host name: web
 + spec/
 + spec/web/
 + spec/web/sample_spec.rb
 + spec/spec_helper.rb
 + Rakefile
 + .rspec

rake spec実行時にエラーが出たのでまとめる

  • "set :request_pty, true"を書いてくれ

spec_helper.rbに追記して事なきを得ました。

Please write "set :request_pty, true" in your spec_helper.rb or other appropriate file.
  • HighLine か Termiosをインストールしてくれ

gem install highlineで事なきを得ました。

Text will be echoed in the clear. Please install the HighLine or Termios libraries to suppress echoed text.
Wrong sudo password! Please confirm your password on localhost.

これはこちらを参考にしました。CentOS 6.5でserverspecサーバ構築 その2 こちらも参考【入門】serverspecでSSH経由でリモートホストにspec流す sudoパスワードを聞かれるようにしないといけないようですね。 rake specのコマンドを少し変えれば良いらしい。

$ SUDO_PASSWORD=xxxxxxxx rake spec

もしくは

$ ASK_SUDO_PASSWORD=1 rake spec

これでOK。

これらのエラーメッセージは環境によっては聞かれなかったので rubyのバージョンとかが原因なのかなあ。

サンプルのテストファイルを削除なり、 名前変更するなりしておきましょう。 書き方の参考に読んでおくのもよいです。

# mv sample_spec.rb{,.bak}

Apacheインストール

serverspecでApacheインストールのテストを書きます。

$ vi httpd_spec.rb
require 'spec_helper'
describe package('httpd') do
    it { should be_installed }
end

テストが通るようにApacheyumでインストールして、 サービスを起動させます。

# yum install httpd
# service httpd status
httpd は停止しています
# service httpd start
httpd を起動中: httpd: apr_sockaddr_info_get() failed for shuhei
httpd: Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using 127.0.0.1 for ServerName
                                                         [  OK  ]
# chkconfig --list |grep htt
httpd           0:off   1:off   2:off   3:off   4:off   5:off   6:off
# chkconfig httpd on
# chkconfig --list |grep htt
httpd           0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off

PHPインストール

php、php-devel、php-mbstring、php-gdが入っているテストを書きます。

require 'spec_helper'

%w(php php-devel php-mbstring php-gd).each do |pkg|
  describe package(pkg) do
    it { should be_installed }
  end
end

yumでインストールします。

# yum install php php-devel php-mbstring php-gd

MySQL5.6インストール

MySQLのインストールには2通りあります。

yumrpmでインストールの2種類あり、 MySQL5.6まではインストール方法でパッケージやサービス名に 差異があるとのこと。 5.7からは差異はないらしい

yumコマンドでのインストールは簡単なのでおすすめですが、 インストールされるパスが固定されるので、 1台のサーバに複数のMySQLをインストールすることができないです。 また、yum upgrade時にMySQLサーバがマイナーバージョンアップされることがあるらしく、 インストール後に無効化する必要があります。 メジャーバージョンアップはされないように、メジャーバージョンアップごとに 違うリポジトリ名が割り当てられています。

(今回は1台のサーバにMySQLサーバ2台たてて、レプリケーションを行いたいので、 rpmパッケージでインストールしていきます。)

  • rpmパッケージを使用したインストール

MySQLサイトからダウンロードします。 /usr/local/src配下にRed Hat Enterprise Linux 6 / Oracle Linux 6 (x86, 64-bit), RPM Bundleをインストールします。

# cd /usr/local/src/
# wget http://dev.mysql.com/get/Downloads/MySQL-5.6/MySQL-5.6.32-1.el6.x86_64.rpm-bundle.tar
# tar xvf MySQL-5.6.32-1.el6.x86_64.rpm-bundle.tar
MySQL-shared-5.6.32-1.el6.x86_64.rpm
MySQL-test-5.6.32-1.el6.x86_64.rpm
MySQL-server-5.6.32-1.el6.x86_64.rpm
MySQL-shared-compat-5.6.32-1.el6.x86_64.rpm
MySQL-client-5.6.32-1.el6.x86_64.rpm
MySQL-embedded-5.6.32-1.el6.x86_64.rpm
MySQL-devel-5.6.32-1.el6.x86_64.rpm

パッケージを-iでインストールします。

# rpm -i MySQL-*.rpm
警告: MySQL-client-5.6.32-1.el6.x86_64.rpm: ヘッダ V3 DSA/SHA1 Signature, key ID 5072e1f5: NOKEY
エラー: 依存性の欠如:
    MySQL-devel は mysql-devel-5.1.73-7.el6.x86_64 と競合します。

MySQL-devel は mysql-devel-5.1.73-7.el6.x86_64 と競合します。 なんてエラーがでました。mysql-devel-5.1.73-7.el6.x86_64なんて入れた覚えはない。 -eでアンインストールしてみるが、インストールされていないとのこと。。。

# rpm -e mysql-devel-5.1.73-7.el6.x86_64.rpm
エラー: パッケージ mysql-devel-5.1.73-7.el6.x86_64.rpm はインストールされていません。
# yum remove mysql-libs

インストール成功

# rpm -i MySQL-*.rpm

サービスを起動させて3306ポートでLISTENしていることを確認 rpmインストールなのでサービス名がmysqlです。 yumインストールもしくは5.7はmysqldになります。

# service mysql status
 ERROR! MySQL is not running
# service mysql start
Starting MySQL SUCCESS!
[root@shuhei src]# service mysql status
 SUCCESS! MySQL.. running (17092)
# ps auxf |grep mysql
root     17204  0.0  0.0 103320   852 pts/2    S+   17:29   0:00                          \_ grep mysql
root     16989  0.0  0.1  11340  1364 pts/2    S    17:29   0:00 /bin/sh /usr/bin/mysqld_safe --datadir=/var/lib/mysql --pid-file=/var/lib/mysql/shuhei.pid
mysql    17092  2.2 44.2 1013188 451848 pts/2  Sl   17:29   0:00  \_ /usr/sbin/mysqld --basedir=/usr --datadir=/var/lib/mysql --plugin-dir=/usr/lib64/mysql/plugin --user=mysql --log-error=/var/lib/mysql/shuhei.err --pid-file=/var/lib/mysql/shuhei.pid
# netstat -atnp |grep mysql
tcp        0      0 :::3306                     :::*                        LISTEN      17092/mysqld

MySQLのプロセスが起動されているか、ポート接続しているかテストを書きます

require 'spec_helper'

describe service('mysqld') do
  it { should be_enabled }
  it { should be_running }
end

describe port(3306) do
  it { should be_listening }
end

describe service('mysql') do
  it { should be_enabled }
  it { should be_running }
end

describe port(3308) do
  it { should be_listening }
end

Nagiosインストール

Nagiosのインストールは公式サイト参照

nagiosがインストールされているテストを書きます。

require 'spec_helper'

describe service('nagios') do
  it { should be_enabled }
  it { should be_running }
end

/usr/local/src配下に 最新版4.2.0をサイトからインストールします。

# wget https://assets.nagios.com/downloads/nagioscore/releases/nagios-4.2.0.tar.gz#_ga=1.247838018.451693304.1472123299
# wget https://nagios-plugins.org/download/nagios-plugins-2.1.2.tar.gz#_ga=1.179877985.451693304.1472123299

必要なパッケージをインストール

yum install gcc glibc glibc-common
yum install gd gd-devel

Nagiosユーザとグループを作成

# /usr/sbin/useradd -m nagios
# passwd nagios
# /usr/sbin/groupadd nagcmd
# /usr/sbin/usermod -a -G nagcmd nagios
# /usr/sbin/usermod -a -G nagcmd apache
# less /etc/passwd
# less /etc/group

ダウンロードしたfileを解凍

tar xzf nagios-4.2.0.tar.gz
cd nagios-4.2.0

作成したグループを指定してconfig scriptを実行

./configure --with-command-group=nagcmd

コンパイル実行

make all

インストール実行

make install
make install-init
make install-config
make install-commandmode

web configをインストール

make install-webconf

Nagiosのweb画面にログインユーザーnagiosadminを作成

htpasswd -c /usr/local/nagios/etc/htpasswd.users nagiosadmin

Apache再起動

service httpd restart

pluginのコンパイルとインストール

# ./configure --with-nagios-group=nagios --with-mysql=/usr/bin/mysql
checking for a BSD-compatible install... /usr/bin/install -c
checking whether build environment is sane... configure: error: newly created file is older than distributed files!
Check your system clock

OSとハードの時間が実際の時間とずれているのが原因でインストールに失敗する (2016/08/25)

# date
2016年  7月 24日 日曜日 18:17:55 JST
# hwclock
2016年07月24日 18時17分58秒  -0.524383 秒

時間を合わせればインストールできる。

 date -s "08/25 20:39 2016"
2016年  8月 25日 木曜日 20:39:00 JST
 date
2016年  8月 25日 木曜日 20:39:02 JST
 hwclock
2016年07月24日 18時20分17秒  -0.148454 秒
 hwclock -w
# hwclock --systohc
# hwclock
2016年08月25日 20時39分16秒  -0.051022 秒

nagiosがインストールされているテストを書きます。

require 'spec_helper'

describe service('nagios') do
  it { should be_enabled }
  it { should be_running }
end